どーなっつ島に行きたいな♪

速水けんたろうさん茂森あゆみさんの情報や話題を中心に ”おかあさんといっしょ”等のこども番組や 童謡や絵本の事等をいい加減に好き勝手に語りまくっちゃいます。

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
どんな色けんどんな色あゆ

※念の為に・・・・・
速水けんたろうさんと茂森あゆみさんは、
おかあさんといっしょ卒業後は
コンビで活動はしてません。
尚、このブログは、
ご本人及び所属事務所とは一切無関係です。

2014年4月の歌 歌詞
歌・横山だいすけさん/三谷たくみさん
横山だいすけさん、三谷たくみさんの月の歌
※歌詞にリンク出来ますよ!

雪ノ下クレミ

Author:雪ノ下クレミ
ここ数年の間に、速水けんたろうさんと茂森あゆみさんの歌声にすっかり魅了されてしまい、悪い熱に浮かされたのか、このようなブログを始める事にしました。彼らが在籍当時、番組を全く観た事が無く。彼らの事は何も知らなっかったのにハマりまくってます・。

RiverRise速水けんたろう クリックすると移動しますよ♪
いつも笑顔
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
どーなっつ
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/02/17(火) 22:48
おかあさんといっしょの歴史
花々ガールズベイビー♪「あらあら おやおや♪それからどんどこしょー♪」
って事でね・・・。

いきなりですが、
『おかあさんといっしょ』草創期について、
語られる事って、殆ど無いですよね・・・(#^^#)ね?

・・・まあ・・・そうですよね・・。
あの時代のおかいつを覚えているのは、
over60の中でも、限られた世代しかいないですもんね。
なかなか情報を得るのも難しいのです。

それに、おかいつファンでも、
あまりにも昔過ぎて興味の無い人も多いだろうなあって、
私も記事にするのを今まで躊躇ってました・・・。

がっ!しかしっ!
今回は、
私なりの独自の視点で、
番組開始期について、胸熱く!
思いを馳せてみたいと思いますっ!(≧▽≦)

番組が始まったのが1959年10月で、
今年(2015年)で、56年目!
というのは、ご存じですよね?
それでね、
その最初の一年目というのは、
今、考えれば実験的内容だったみたいですね。

判ってる内容だけ、ここに紹介しますね。

『おかあさんといっしょ』
(1959年10月~1960年8月迄の放送内容)
○日本で初めての家庭向け幼児番組で、
歌やダンスで学ぶ
「幼児の為のミュージカルバラエティ」
(毎週月曜日13:40~14:00)週一回生放送。

作:筒井敬介、音楽:宇野誠一郎
振付:中村友武、演出:小森美巳
制作:小谷節子

出演:旗照夫、バンビーナ(島田妙子、宮崎恭子、
田村寿子、佐々木伊都子)他。

☆はたはた坊や(旗照夫)と、
4人のバンビーナ(島田、宮崎、田村、佐々木)が、
遊び、唄い、踊る。


・・・・・う~ん。どんなんだったのでしょうね。
1950年代の子供向のファンタジーって事で、
例えば私は、
50年代の児童映画『緑はるかに』の
夢の中のシーンみたいなのを
想像しちゃいました( *´艸`)
番組とは無関係ですが、動画URL貼っちゃいますね(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=xmzUR636KsM
チープで素朴で、ちょっと狂気を感じる世界・・。

ナンチャッテ。

そして、
スタッフやキャストに注目すると、
はたはた坊や役の旗照夫さんは、ジャズシンガーだそうです。
(当時25歳、「坊や」という年齢では無い筈だけど、そこはまあ・・)
実は、この旗さん、
2年程前に『徹子の部屋』にゲスト出演されたので、
「これは!絶対!
おかいつ話をして下さるに違いない!!(≧▽≦)」
と、息巻いて録画したのですが、一切無かったです・・・。
・・・という思い出が有ります(笑)

そして、バンビーナの一人の宮崎恭子さん!
もうお亡くなりになってますが、
宮崎さんは、あの名優・仲代達也さんの奥様です。
とても才能溢れる方だったそうです。
※余談ですが、
放送時の1959年に仲代さんは、
小林正樹監督の『人間の条件』の主役に抜擢されてるので、
これから、スターダムにかけ上る直前ですよね。
そんな時、宮崎さんは、おかいつに出ながら、
旦那さんを支えてたんだなあ・・・・・なんて。ホントに余談ですね・・。


そして、
作の筒井敬介さんは、児童文学作家にして脚本家。
童謡の作詞者としては、
今でも、”とけいのうた”
”ばいきんくん” 等が、番組で唄い継がれてますね。
私も大好きな歌ですよ♪

音楽の宇野誠一郎さんは、
おかいつでは、”アイアイ” の作曲者として有名ですが、
劇伴ファンにとってはカリスマ的な存在の方です。
ブーフーウーの里見お姉さんと、
チャッカリ職場結婚されてますね(*^▽^*)←余計なお世話。

演出の小森美巳さんは、個人的には、
某劇団のこどもステージの演出家として認知してました。
某劇団にお友達がいたというのもあって、
美巳先生演出のこどもステージ何度か観に行った事がありますが、
大好きな、岸田今日子さん企画で、
別役実さん作のシュールで可愛らしいファンタジー作品の数々は、
大好きでした( *´艸`)
そういえば、ステージのトイレ前で、出演者の南美江さんと
鉢合わせになった事あるけど、
可愛らしかったなあ・・・・( *´艸`)←思いっきり脱線中。

そうそう!美巳先生のご主人が、
音楽家の小森昭宏先生で、
これまた、
おかいつには欠かせない存在の方なのですが、
長くなるので、
昭宏先生のお話は、またの機会に!!


・・・・・という感じで、
脱線しながら、まくし立ててきましたが、
やっぱり、当時を知る方や詳しい方のお話が聞きたいですよね。

草創期から現在まで、子ども番組に携わって来たという、
元NHKエデュケーショナルこども幼児部の近藤康弘さんの
インタビュー記事も貼っておきますね。
http://globe.asahi.com/feature/side/2014110500002.html
そして、これも、
NHKアーカイブス・カフェ(No.19、2008年4月)
おかあさんといっしょ座談会
http://www.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=youth005

興味深い所を抜粋しますと、

≪私の担当は「婦人」のほう。ここでは、「きょうの料理」や「美容体操」とともに、
週に1回、いまの「おかあさんといっしょ」の前身にあたる子ども番組をつくっていました。
幼い子ども向けの番組は、婦人向けの時間帯に組みこまれていたのです。≫


≪情緒的な考え方にもとづいたものだったような気がします。≫

≪当時は今のような純粋な幼児番組ではなく、
「母と子が一緒に楽しむエンターテイメント番組」だった。≫


てるたえ?(照&妙?)  はたはた坊や(はたはた坊や?)

生放送(VTR収録)だったという事もあって、
この当時の映像や写真が殆ど、残ってない為、
当時観ていた方、携わってた方の記憶と、
私みたいな、おかいつファンの想像力だけで、
語られていくのが、
おかいつ開始期の一年間なのでしょうね。

おかいつの歴史を語る
記事は今後も出来るだけ続けて行きたいと思います。

次回このシリーズでは、1960年に入ってからの事を語りたいですね。
いつになるか、判りませんが、
お楽しみに♪


あっ、尚、このブログの今度の更新では、速水茂森について、
書くと思います(3月中に更新出来ればいいな・・・)
改めて、
お楽しみに♪(^^)/

コメント:6 トラックバック:0
2015/01/10(土) 01:04
速水・茂森近況・情報

相変わらず、ご無沙汰してます(^^)/
書きたい事、沢山あるのですが、
去年の11月の終わりに、
とても素敵なコンサートに行ってきましたので、
その感想を先ず書かせて下さいね。

※生意気な目線での感想をどうかお許し下さい(≧≦)
『福田和禾子メモリアル~
北風小僧がやってきたコンサート

2014年11月29日(土曜日)
1回目(13:00~)/2回目(16:30~)
場所:めぐろパーシモンホール
構成・脚本:井手隆夫、ステージング:大原晶子
出演;たいら いさお、林 アキラ(エレクトーンも)、
しゅう さえこ
篠崎 仁美(ピアノ)


★曲目(セットリスト)
●『おかあさんといっしょ』より
地球をまわすのだあれ★
パパの背広
はみがきじょうずかな

●松平晃歌唱曲より
サーカスの唄
花言葉の唄

●番組主題歌より
たんけんぼくのまち
おーい!はに丸

●『みんなのうた』より
赤鬼と青鬼のタンゴ
ありがとう・さようなら

●『おかあさんといっしょ』より春夏秋冬がテーマ。
春の子うーら
たんぽぽちゃんとつくしくん★
レインマン
少年の夏
あきのこびとオータムタム
おまつりすんだはらっぱに
ゆきふるるん
くんくんりんりんクリスマス★
風とパレ-ド★
かくざとういっこ

●波佐見児童合唱団か「桜の丘で会いましょう」より
桜の丘で会いましょう
コバルト色の画用紙
あした予報はたぶんはれ

●『みんなのうた』より
母さんは雪おんな
ふるさとのない秋

●合唱組曲「グループ」より
風の子ひゅう
●『おかあさんといっしょ』より
ジャングルポケット
イカイカイルカ★
バナナのおやこ
おしゃれなやさい
たぬきのレストラン
ちいさなおふね★
ちびっかぶーん
銀ちゃんのラブレター★
北風小僧の寒太郎
みらいくんとゆめみちゃん
おかあさんといっしょ・いつまでも

●アンコール
金色うさぎ★

全37曲!
お馴染みの歌ばかりの
素晴らしい選曲でしょう?
(★印は、速水・茂森時代に出来た歌)
35曲は、福田先生の作品ですよ。

出演のお三方は、ベテラン勢で、
大人の円熟で魅せてくれた素晴らしいステージでした。
もりちよこさんもTwitterで、おっしゃってましたが、
お喋りをする様に、
どの歌も、まるでお喋りをする様に、
軽妙かつ説得力を持って聴かせてくれるのです。
これだけの曲数いちどきに大変だと思うのですが、
そんなこと微塵も感じさせず、
それぞれの役割りのスパイスも効いてました。

さっこお姉さんは、
前回ライブに行った時も感じたのですが、
どの歌もとても楽しそうに唄うんですよね~。
青系のドレス姿も素敵で、女性らしい柔らかな華やかさでした。
”ちびっか・ぶーん”は、
楽しい雰囲気のまま、ホ~ンワカと歌の世界に誘って、
最後に暖かい気持ちにさせて下さって、素敵でした。

アキラお兄さんは、
おかいつソングの時は、可愛らしいお兄さんに戻ってましたが、
ビブラートを効かせての声楽的な歌い方の時は、
流石とも言える手腕を発揮してましたね!
”ジャングルポケット”の時なんか、ホントに可愛らしく、
エレクトーンで顔が隠れてるせいもあり(#^^#)←(凄い失礼です)
歌のお兄さんそのものでした。

いさおお兄さんは、
プロの歌手を長らく続けて来られただけあっての安定感ある歌声と、
艶の出し方や、緩急や間合いに円熟味を感じました。
”サーカスの歌””ふるさとのない秋”等、
大人の歌がはまってました。
今回はコメディリリーフ的な役割を担って、
笑わせて頂きました(^◇^)

※何かと偉そうな事を書いて、
すみません・・。

それから、
和禾子先生のお父様の松平晃さんは、昭和初期の流行歌手なのですが、
どれだけ人気が凄かったかを
「氷川きよし君にね、
ジャニーズぜ~んぶをひっくるめて足して!・・・・・・、
それを更に、たいらいさおで割る!」ミ( ノ_ _)ノ=3 ズコ~っ!
みたいなトークを、たいらさんがしてました( ´艸`)

また、このメンバーで唄う、
”たんぽぽちゃんとつくしくん”や、
”イカイカイルカ”等の速水・茂森曲や、
ドレミファどーなっつ等の歌も新鮮でしたし、

”おまつりすんだはらっぱに”
”銀ちゃんのラブレター”
”北風小僧の寒太郎”
等は、
永遠に歌い継がれる名曲だなあという事も
つくづく実感しました。

それから、”風の子ひゅう”という歌、
今回初めて聴きましたが、
この歌は和禾子先生自身も気に入って、
先生も唄っていたそうです。
先生のお歌もお聴きしたかったですね(≧▽≦)

実は、このコンサート。
12月21日にFM世田谷さんがラジオ放送と、
ネット配信をして下さったのです。
FM世田谷さんのブログで放送内容を記事にされてますよ。
http://blog.livedoor.jp/fmsetagaya48/archives/7701752.html
書かれてる通り、
最後の最後の”金色うさぎ”の演出も感動的でしたね。

そして、このコンサートにはね、
沢山の素敵な方が、
足を運ばれてたのです(≧▽≦)

※ここから、コンサート後&休憩時間のお話になります。

私が、観に行ったお昼の回では、
もりちよこ先生、渋谷毅先生、
渡辺かおりお姉さん等が来られてたそうです。
(・・・・お会いは出来ませんでしたが)
そして、
途中休憩が入ったのですが、
その時に、井出隆夫先生の姿を発見したので、
直ぐに近づいて、「握手して下さい!」と息巻いた所、
井出先生が「えっ!?僕の事知ってるの?」と驚かれたので、
私が、おかあさんといっしょが好きで、
子供の頃から歌謡曲のヒット曲の数々も聴いてた事を説明し、
私の連れのファン友さんが「ファンです!」と言ったら、
喜んで下さいました♪
直ぐ近くに、ゆう子お姉さんもいたのですが、
今回は、
井出先生に握手して頂くのが第一の目的だったので、
先ず、井出先生にお声をおかけしたのでした(#^^#)
そして、
一緒にお写真を撮って下さる様お願いした所、
ご快諾下さり、「どうせなら、ここで」というご好意で、
おかあさんといっしょのお花をバックに撮らせて頂いたのです。
井出先生が周りの人にお話しをしたりしてるのを、
少し、邪魔する形になってしまったので、申し訳なかったのです。
でも、周りにいらした男性も親切な方々で、
撮ってあげましょうって、言って下さったので、
つい、お言葉に甘えてしまいました(#^^#)
井出先生は、とても謙虚で、穏やかな優しい方でした。
童謡だけでなく、歌謡界やテレビの世界でも、
重鎮と言っても良い、偉大な存在なのに、
それを全く鼻にかけない親しみのある雰囲気の方でしたよ(*^_^*)
そうこうしてたら、
休憩時間終了のアナウンスが・・・。
ゆう子お姉さんにもお声をおかけしたかったのですが・・・。
時間もなくなって、
それに、どなたかとお話をされていたし、
プライベートで来てるのに失礼かもという気持ちもあって、
後ろ髪をひかれながら、席に戻りました。
でも、小顔でスラリとして、とてもお綺麗で素敵でした~♪(*^▽^*)
(それに終演後には姿を見失ってしまいました)

・・・・・・なんて、殊勝な事を言ってた私ですが・・・。
終演後、瀬戸口さんと、宮内良お兄さんを見かけたので、
たまらず、呼び止めてしまったのです(-_-;)
瀬戸口さんは、以前、さっこお姉さんのビタミンライブの時、
気さくに快く一緒にお写真を撮って貰ったので、
「あの時は、どうも有難うございました」と、声をかけました。
すると、なんと!
後ろにいた宮内さんが、「写真撮ってあげましょうか?」
と、親切におっしゃって下さったのです。(優しい♪)
「いえ、宮内さんとも一緒にお写真を撮りたいですよ!」
と、図々しくもお願いしてしまいました。
そして、良お兄さんとも撮らせて頂きました。
青年の様に爽やかな雰囲気の素敵な方でした。(≧▽≦)
・・・・・・なんて、引き止めてごめんなさいです。

そして、2回目公演も行こうどうしようか迷ったのですが、
早めに帰ったほうが良いかなと判断して、
ファン友さん達とお茶をした後、大人しく帰宅したのです。
そして、
そのうちの1人のファン友さんは、2回目公演も観たのです。
2回目には、けんたろうお兄さんや、
だいすけお兄さんたくみお姉さん
観に来ていた事を後から聞いて、
帰ってしまった事を少し後悔したのでした・・・・。
「いや、今回は、
お兄さんお姉さんに逢うのが目的ではないから」
と、自分に言い聞かせました( *´艸`)

(因みに、
けんたろうお兄さんは、お元気にされてたそうですよ♪
ああ、やっぱりお逢いしたかった~(≧▽≦))

そうそう、このコンサートについて、
ゆう子お姉さんがブログで記事にされてましたので、
紹介しますね(*^▽^*)
http://ameblo.jp/yuko-kanzaki/entry-11959826559.html
(神崎ゆう子お姉さんのブログ)

ゆう子お姉さんのブログを見て、
井出先生の周りにいた方々を把握して、
ちょっと、焦ってしまいました(*ノωノ)
親切に写真を撮って下さった方は、
音楽ディレクターの池田さん?
ちゃんと、お礼が出来てなかったですよね。私・・。
とても有り難かったです。
そして、他にも、見覚えのある!
おかいつ関連の錚々たる方々だったなんて!!
無礼の数々、お許し下さいませです。((+_+))

それから、ゆう子お姉さん&だいたくさん達が入ったカフェは、
私達が、最初に入ろうとして、
混んでたので、止めた所ですよ。


まあ、そんなこんなで、
コンサート外の所でも、貴重な体験が出来ました。

それにしても、
和禾子先生のお歌は、
いつでも童心に帰る事が出来て、
いつも見守って下さってる様な暖かさに包まれ、
懐が深くて、安心感があり、
「おかあさん」そのものだと思います。
いつまでも、歌は永遠に残っていくだろうけど、
これからも、ず~っとずっと歌い継がれてほしいですね。

そして、メモリアルライブも、
出来れば、毎年開催してほしいなあと思いました♪





最後に、
その他のブログも紹介しておきますね。

http://ameblo.jp/y-kawada-electone-musica/entry-11958631615.html
(『おかあさんといっしょ』のエレクトーンのお姉さんだった川田祐子さんのブログ)

http://saekosyu.exblog.jp/23399719/
(しゅうさえこお姉さんのブログ)

http://blog.livedoor.jp/akirakiablog/archives/1737357.html#comments
(林アキラお兄さんのブログ)



コメント:15 トラックバック:0
2014/12/15(月) 00:00
茂森あゆみの魅力
どーなっつ島の読者様は、ご存じだとは思いますが、
今日(12月15日)は、
茂森あゆみお姉さんの
お誕生日

です♪( *´艸`)

最近、このブログで、
お兄さん、お姉さんの
お誕生日お祝いをしてなくて、
ごめんなさい。

しかし!
来春から、音楽活動を始動されるらしい
という朗報も入ってきたり、
歴代のお姉さん達と『歌姉会』をされたりと、
あゆみお姉さんの周辺。少しづつ、
賑わいと華やぎを感じさせる話題が続々と。
嬉しいです♪

今までは、家庭を大事にされるあゆみお姉さんを、
邪魔にならぬ様、ソッと静観していよう。
と、いう気持ちで我慢してましたが( *´艸`)
しかし!!!
もっと!も~っと!
あゆみお姉さんに表を出てきて貰う為に!
私達ファンも、もっと!もっと!
今後は、プッシュして行きたいですよね!
勿論、
子育てに支障のない程度に。身体に負担の無いように。
という事で(#^^#)
独り善がりと思われても良いから、
このブログだけでも、盛り上がって行きたいのです!

あっ!そういえば、まだ、
あゆみお姉さんの音楽会の動画を
ご覧になってない方もいる様なので、
改めて、ここで紹介させて頂きますね(*^▽^*)

https://www.youtube.com/watch?v=WSxHVinOkzA

最近の映像ですよね?
あまりにも瑞々しい美しさで
時間軸が狂っちゃいそうです。

歌のお姉さんとしての色褪せない可憐な魅力と、
ソプラノ歌手としての気高さと気品と、
大人の女性としての艶やかさと、
そして
母性も感じさせて、素敵ですよね(*´ω`)

白いドレス姿が眩しいくらいの清らな美しさですが、
人差し指の蝶々のリングがとても素敵で、
私は、真似したいです。
(絶対、サマにならないですが・笑)

・・・・・まあ、そんな事はともかく、
来年からは、音楽活動の他にも、
ファンにも、もう少し視線を向けて下さる事を、
期待してます♪
例えば、
ブログやツイッター、
大変でしたら、せめて月に一度、
それがだめなら、春夏秋冬の季刊ごとでも良いから、
何かメッセージや、近況報告等をしてほしいなあって、
思ってます。
誕生日を祝うつもりが、
こんな要求ばかりしてしまう私を
お許し下さいませ!(≧▽≦)

あゆみお姉さんが、これからもお元気で、
暖かい家庭と、音楽に包まれた、
充実した幸せな日々を送られる事を
お祈り申し上げます。

o0*:・゚☆. ハッピー
バースデー.+゚*☆。:゚
+
コメント:10 トラックバック:0
2014/11/22(土) 22:19
ドレミファどーなっつ
皆様、ご無沙汰してますヽ(;▽;)ノ
・・・・・と、言っても、
もう、このブログの事、忘れてるかもですが( / _ ; )クスン
実は、パソコンが完全に壊れてしまいました。
タブレットや携帯だと、
入力にとても時間がかかり、
特に、
FC2ブログの投稿画面の入力が難しくて、
すっかり、更新が滞ってました。
今も入力するだけで、
精一杯ですが・・・・・ε=(・д・`*)ハァ…
12月には、PC購入するので、
それまで、お待ちくださいね(*´∀`*)

・・・・・さて、能書きと言い訳は、
この位にして、
今日は、どうしても、
お知らせしたい事があります!!(≧∇≦*)、

あの、『ドレミファどーなっつ』の
みどふぁどが、10数年ぶりに復活します!

いつって?
明日です(11月23日・日曜日)
ギリギリのお知らせで、
ごめんなさい( ̄∇ ̄*)ゞ
http://www4.nhk.or.jp/wanpaco/x/2014-11-23/10/12118/
※12月7日も登場するみたいです!
11月23日日NHKBSプレミアム
午前9時30分~午前10時00分
『ワンワンパッコロ!キャラともワールド
▽パート3 夢の共演!人気キャラクター』

《ワンワンがこども番組の人気キャラクターたちと夢の共演。
「ドレミファ・どーなっつ!」のみどとふぁどが初登場。
ワンワンとみどふぁどが豪華賞品をかけてワンパコサッカーゲームで対決。
パッコロリン劇場は「知ったかぶりパックン」。
リクエストコーナーでは「るるるの歌」(シャキーン!)を紹介。
【出演】チョー、山崎樹範、畑芽育
【声】折笠愛、水沢史絵、
かないみか、銀河万丈、野沢雅子、
佐久間レイ、小桜エツコ ほか》


みどふぁど、新しく作り直されてますよね。
これには、賛否両論ありそうですが、
私は、わざわざ、Newバージョンが、
作られた事は、
喜ばしい事だと、思ってます。


そして、
ふぁどの声を担当されてる、
小桜エツコさんのツイッターより、
《11/23(日)NHK BSプレミアムにて、
あさ9:30〜放送の
ワンワンパッコロ!キャラともワールドに
ドレミファどーなっつのみどふぁどが出演します!
先日収録したのですが、久しぶりにみどふぁどに会って感無量。
是非見てくださいな》


私も感無量です~(;_;)

実は、今迄、ワンパコには、
期待を裏切られる様な事が
多々あったので、
私の中でスルーしてた番組だったのです。
(狭量で、ごめんなさい)
ドレミファどーなっつを今迄、
出演させなかった事も
要因の一つだったのですよ。
だから、
今回のリニューアルしてまでの復活を
聞いて、
私は、今迄色々と誤解してたのかなあって、
申し訳ないです(´・ω・`)←単純・・・・・

今後、みどふぁどの活躍も
期待出来そうですね。

そして、これが、
来春以降、
けんたろうお兄さん&あゆみお姉さんの
動画解禁の追い風になってくれればなあって。
もし、そうなれば、歓喜します。
いえ、絶対にそうであってほしいです。
激しく!狂おしく!そう思います゚(゚´Д`゚)゚




コメント:30 トラックバック:0
2014/08/08(金) 23:54
思いつき&呟き&戯言
暑中お見舞い申し上げます!
ひまわりとわたあめ・おかあさんといっしょ・けんあゆ


☆って事で、
1998年7・8月の歌、
”ひまわりとわたあめ”
PVのイメージイラスト、書きました!( ´艸`)
この歌ね、
少し不思議で、可愛くて、面白い歌ですね。
もりちよこ先生の作詞家デビュー作でもあるんですって。
ヒマワリと入道雲は、ちょっと怖かったりしますが(笑)
実は私は、
初めて、速水・茂森の歌をちゃんと聴いたのが、
この歌が収録されてるビデオで、
夏にコッソ~リと、家人に内緒でレンタルしたので、
「僕が見つけた 夏の秘密♪」
という歌詞が、妙にくすぐられるのですよね~(*´∀`*)
懐かしいなあ。

☆因みに、
1994年7・8月の歌が、
”わっ!!おしゃれ”で、
先月・今月で、歌が出来て、20周年です!
おめでとうございます(≧∇≦)
色々な動物の歌が出てくる歌は、おかいつ鉄板ですが、
この歌も順調に唄い継がれてますよね~(´▽`)

☆ところで、
この前の記事の、
けんたろうお兄さんとあゆみお姉さんのハモリ特集!
とても好評を頂いて、
熱いコメントもコメントも貰って、
嬉しかったですね~(*´∀`*)
有り難うございます!(≧∇≦)
やっぱり、速水・茂森のハーモニーは、
永遠ですね。

☆私が記事にした以外の歌でも
”ぼくらのロコモーション”
ハモリが好きだという意見も多かったですね。
PVやCDではなく、多分コンサートでのハモリの事でしょうね。

☆ハモリに限らず、
ハーモニーが素敵だなあって思う歌も沢山ありますよね、
例えば、”にじのいろとおほしさま”のサビですが、
ユニゾンで、あのサビを調和させて綺麗に聴かせるのって
かえって難しい様な気がするんですよね。
どうですかね?(・∀・)←誰に聴いてるやら。


☆それから、私にとって、
今年の夏は、
色々と興奮する出来事があったのですが、
7月25日にけんたろうお兄さんのライブに行った事が、
何よりも一番のこの夏の宝物ですね(*´∀`*)
その事については、空色で記事にしてますので、
良かったら、ご覧下さいね(*^_^*)
http://coco12sora.blog.fc2.com/blog-entry-87.html
(けんたろうお兄さんの夏)

☆これは自慢ですが
今年に入ってね、
『おかあさんといっしょ』の歴代お兄さん、お姉さん達に
お逢いしましたが、
(けんたろうお兄さん。さっこお姉さんこと、しゅうさえこさん。
おさむお兄さん。デポンのきよこお姉さん。
セトちゃんこと、瀬戸口 清文さん。)
皆さん、幾つになっても天使で、文字色
優しくて素敵で嬉しかったです~(≧∇≦)

☆自慢といえば、
昔、『ブーフーウー』の原作者の
飯沢匡先生にお逢いした事あるのです!!(≧∇≦)
その事を今迄、凄く書きたかったのですが、
あまり、その話をすると、
「いったいお前は幾つなんだ!」とツッコまれそうなので、
やめておきます(・∀・)←なら自慢するなって!

☆じつは、おかいつ関連で、もう一つ、
過去にこんな方と!って自慢があるのですが、
それはね、
ホントに年がバレそうだから・・(・∀・)←だから!言うなって(笑)

☆そうそう!熱い夏といえばね、
今年のおかあさんといっしょの夏特集の
ムテ吉の入浴シーンも熱かったわ~(*´ω`*)可愛かった♪
ムテ吉・温泉に入る
キグルミがお風呂に入るのは初めて見ました(゚д゚)

☆それから、最近、
スコアさんの想い出の歌を色々考えていたのですが、
”真夜中の動物園”
印象的で捨てがたいのですが、

敢えて、選ぶなら、この2曲!
という事で、
当方のブログの『クインテット』の過去の記事と共に、
紹介させて頂きますね。
”今だから話そう”
http://dounatsujima.blog51.fc2.com/blog-entry-92.html

”マイウェイ”
http://dounatsujima.blog51.fc2.com/blog-entry-158.html


どちらも人生を振り返る歌です。

”今だから話そう”は、クインテットオリジナル曲で、
スコアさんの武勇伝的な過去を面白おかしく、
少々ホラ話と疑いたくなる様なユーモアで包んだ、
スコアさんらしい歌です。

”マイウェイ”は、フランク・シナトラがオリジナルですが、
勝新太郎さん等、様々な方が唄ってます。
人生の終盤を迎えた人が、
己の生きた道を誇らしく歌い上げる歌。
「信じたこの道を私は行くだけ、
全ては心の決めたままに。」

・・・・最後にアンパンを選ぶ所が、ご愛嬌。

という事で、
今回は、8月の呟きでした!

今後は、もっとバラエティ豊かに、
速水・茂森時代のコンサートレポや、歌の話題。
歴代おかあさんといっしょの話題も、
もっと!もっと!したいですね!
(ちょっと前の時代から、大むか~しの話題もね!)

明日から、帰省ですので、
暫く、来週いっぱいぐらいは、
このブログもお留守にするかもですが、
また、落ち着いたら更新しますね。

これからも楽しく、
おかいつトークしましょうね!
よろしくです~♪( ´ ▽ ` )ノ


コメント:58 トラックバック:0
NextPage

茂森あゆみさんが唄う♪


なあにちゃんキッコーマン

作詞・秋元康 作曲・大島ミチル 
歌・茂森あゆみ

キッコーマングループ社歌
♪おいしい記憶
キッコーマンの歌
♪おいしいってなあに
↑クリックしてみて!! 


速水けんたろうさんが唄う♪

日ハム

ファイターズ讃歌
↑クリックしてみて!!


QR
Clock Sweets
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。