どーなっつ島に行きたいな(けんたろうお兄さん&あゆみお姉さん愛)

速水けんたろうさん茂森あゆみさんの情報や話題を中心に 歴代の”おかあさんといっしょ”等を好き勝手に語りまくっちゃいます。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
どんな色けんどんな色あゆ

※念の為に・・・・・
速水けんたろうさんと茂森あゆみさんは、
おかあさんといっしょ卒業後は
コンビで活動はしてません。
尚、このブログは、
ご本人及び所属事務所とは一切無関係です。

2014年4月の歌 歌詞
歌・横山だいすけさん/三谷たくみさん
横山だいすけさん、三谷たくみさんの月の歌
※歌詞にリンク出来ますよ!

雪ノ下クレミ

Author:雪ノ下クレミ
ここ数年の間に、速水けんたろうさんと茂森あゆみさんの歌声にすっかり魅了されてしまい、悪い熱に浮かされたのか、このようなブログを始める事にしました。彼らが在籍当時、番組を全く観た事が無く。彼らの事は何も知らなっかったのにハマりまくってます・。

RiverRise速水けんたろう クリックすると移動しますよ♪
いつも笑顔
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
どーなっつ
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/07/13(日) 22:25
速水けんたろう&茂森あゆみコンビの魅力
猫蛇さん・ニャー
こんばんニョロ~♪

今日はね。
私の大大大好物の、
けんたろうお兄さん&あゆみお姉さんの
素敵な「ハモリ」について
熱く語りたいなあって
思ってるのですよ(´ε` )
果たして皆さん、ついて来てくれるかしら(笑)
(ブログ主、だいぶイカレてますから)

まあ、そんな事はさておき、
この2人のハーモニーの美しさは、
本当に定評があるのですよね~( ´艸`)
ユニゾンでもハモリに聞こえてしまう程、豊かで、鮮やかで、
充分に美しいのですけど~*:.。☆..。.('v`人)


でもね~、やっぱり!
「ハモリ」は、男女デュオの醍醐味の一つだと思うので、
ちょっとばかり語らせて下さいね~(*´∀`*)

けんたろうお兄さん、あゆみお姉さんは、
高音も中音も低音も、とても綺麗で安定していて、
声音・声色も多彩な為、
ヴァリエーションも豊富なので、
飽きないのですよ~(*´∀`*)
けんあゆ・虹のむこうに・ベスト
さてさて!
『おかあさんといっしょ』で、
けんあゆ2人が唄ったハモリソングの中で、
個人的に私が特に『好きな歌・印象に残った歌』等を、
サラッと少しだけ纏めて、紹介しますね♪

題して、
≪速水・茂森、魅惑のハモリソング色々≫
本当に色々あるので、
迷ってしまうのですが・・・・・。

この2人の時代から、
クラッシックの楽曲に日本語詞をつけて唄うという手法を、
おかいつで積極的に取り入れた事は有名ですね(*^_^*)
(井出隆夫先生の功績も大きいです)

”トルコ行進曲”でのハモリも評判良いですね。
あゆみお姉さんの突き抜けたソプラノボイスと、
けんたろうお兄さんの多種多様な声で、
繰り出すハーモニーがたまりません。

しかし、しかし、
ファミリーコンサート『音楽博士2』での、
”ハンガリー舞曲~不思議なヴァイオリン”
捨てがたいです。
普段、童謡を唄ってる時の2人とは180度違いますよね。、
ゾーリンゲンのナイフの様なシャープな切れ味とメリハリ。←なんだソレ?(笑)
そして、
「街中が一日踊って 疲れてスヤスヤ眠れば」
の所のハモリが、情熱的で艷やかで色っぽくて、
クラクラしますです~~(@_@;)

おなじく『音楽博士2』の
”虹の彼方に”での、
静寂の中の煌きの様な、
シットリとしたハモリも良いですわ~。
(抽象的な例えで御免なチャイ・笑)



今月の歌からでは、
例えば、1997年の7月8月の歌。
”スプーンひめはきょうもスプーン”これの2番のサビのハモリもね、
これまた、かっこよくて秀逸ですよね(*^_^*)
この小粋で、ジャジーな雰囲気も
この2人ならではという感じがしますね。

それから、ザッと紹介すると、
1995年 7月 8月の歌。
”ぞうさんいるだけで”

音楽博士コンサートOP曲
”リズム君とメロディーちゃん”

95 年10月の歌。
”ちいさなおふね

96年10月の歌。
”こまったくんとこまったちゃん”
等など、
一箇所だけのハモリでも凄くスパイスが効いて、
コンサートでもとても映えるのです。

97年1月の歌
”おにぎりの心”なんて、
あんな歌なのに、
あんなに綺麗にハモってるのが
なんか笑っちゃいますね( ´艸`)


それから、
最近、私がよく聴いてるのはね、
95年か96年?のクリスマスライブで唄った、
”おきゃくさまはサンタクロース”
これも素敵素敵♪
サビのハモリの高揚感・ワクワク感は、
半端ないです~♪(´ε` )
こちらは、爽やかで可憐な歌声。

”ねこなでちゃった”や、
コンサートでの
”アイアイアイスクリーム”も、
可愛くてキュンとするハモリだったなあ(´ε` )

こうして、聴いてるとね、
けんたろうお兄さんが、上のパートで、
あゆみお姉さんが、下のパートのほうが、
鮮明で、映えるのかなあって
そんな気がします。

だけど、
お兄さん、お姉さん、
パートを変えながらのハモリもそれはそれで、
絶妙なのです。

・・・・・・例えば。


『あつまれせかいのうた』のCDに収録されている、
”フニクリ・フニクラ”この歌、
けんたろうお兄さんも声楽っぽい唄い方で、
あゆみお姉さんも声高々のソプラノボイスで、
2人ともオペラチックにキレキレで、それだけでも笑ってしまうのですが、
1番と2番のパートを交代しながらのハモリも豪快で、
その変態ぶりに惚れちゃいますね(・∀・)

それから、
”だんだんだんだん”
これは、イヤホンで聴く事をお薦めします。
一音一音が耳に心地良しです(^_^)ノ♪
これは、あゆみお姉さんが上のパートで、
けんたろうお兄さんが下のパートのハモリ。
最初の密やかさ、精密なハモリからの、
サビの盛り上がりにかけてのグルーブ゙感が良いです♪
(実は、この歌を使ったリトミック動画を観たのですが、
曲に合わせて、音声周波風の可愛いイラストを
スクロールさせていくという表現遊びの興味深い作品でした。
速水・茂森の歌に触発されたかの様な
リズミカルな動きも素敵でした)

”雲の手紙”
のラストも、お姉さん・上。お兄さん・下ですね。
なので、軽めにフンワリ静かなハモリです。
(因みに杉田つのだコンビと、
横山・三谷コンビは逆パターンのハモリでしたね)

ああああっ!まだまだ!
ハモリについて、語りたいですけど、
そろそろ〆なければ・・・・。


ええと、
『コンサート夢のなか』での
カーペンターズのカバーの
”シング”は、爽やかで、キラキラでしたね。

そして、
ミニミュージカル『その後のブレーメンの音楽隊』
ラストで唄われた、
”夢をたいせつに”
林アキラお兄さん作曲の名曲です。
これ、もう!大好きです!(*´ω`*)
最後のハモリながら転調していく所等、
美しく素晴らしいですね~。


という訳で、
今回はこのへんにしておきますね。

どうですか?ついて来れましたか?( ´艸`)


でもね。
けんたろうお兄さんと
あゆみお姉さんのハーモニーの美しさは、
ただ、技巧的なだけではなく、
その根底には、子供達に歌の世界を楽しく伝えたい、
と言う直向きな想いや、純粋な気持ち。
暖かさや、優しさを感じるから、
心に響くのですよ(*゚▽゚*)
けんたろうお兄さん・あゆみお姉さん・ベスト


スポンサーサイト
コメント:43 トラックバック:0

茂森あゆみさんが唄う♪


なあにちゃんキッコーマン

作詞・秋元康 作曲・大島ミチル 
歌・茂森あゆみ

キッコーマングループ社歌
♪おいしい記憶
キッコーマンの歌
♪おいしいってなあに
↑クリックしてみて!! 


速水けんたろうさんが唄う♪

日ハム

ファイターズ讃歌
↑クリックしてみて!!


QR
Clock Sweets
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。